北海道、小樽より育児やDIYなどを楽しみ生活しております

子育ちを見守るもの

「 アドラー心理学 」 一覧

個人心理学講義 アドラー

2018/10/21   -未分類
 ,

犯罪を防ぐのは、犯罪は臆病からの行動と認識させる 共同体感覚が弱いと友人を作らなかったりする、 それゆえ問題行動が目立つ 学校へいく為の準備(共同体感覚)を怠った結果 罰や説教で変えることはできない。 …

少しでも自分を知るために

2018/05/07   -未分類
 

自分を見るには自分の目で見るためにどうしても 自分の価値感で判断をしてしまいます。 だから自分で自分を知るというにはとても難しんだろうなと感じところです それでも大人も子供も少しでも自分を知る方法とし …

言っても通じないと感じた時に

子供たちが日々成長し、言葉も増え筋肉も増えてくると様々な親とのやり取りが増えてきます。 その姿を見ると自分が今までのやってきた育児が、結果としてでていることがわかり、 反省ばっかりです。 (adsby …

個人心理学講義を読んで③劣等コンプレックス2

2017/07/27   -未分類
 ,

劣等コンプレックスにより他人を支配したい欲求もある 世話をしてもらい支えられ続けようとする、家族の中心になってる場合が多い。 これは劣等コンプレックスから優劣コンプレックスへの移行であり他人が自分にか …

個人心理学講義を読んで③劣等コンプレックス1

2017/07/25   -未分類
 ,

劣等コンプレックス 劣等感を悪い方向に強めてしまった感じ。 ・劣等感を補償しようとして優劣コンプレックスが出てくる場合  ☆劣等感を引き起こす価値観を否定する  どうせやっても、やったところで○○に決 …

個人心理学講義を読んで②ライフスタイル

2017/07/24   -未分類
 ,

ライフスタイル ライフスタイルの形成時期は就学前が大きい 甘やかされて育つと弱さを強調し相手を支配しようとしたり、親のせいにする 親のせいにする・・・学校生活でコンプレックスを感じる。本当の自分の能力 …

アドラー心理学 個人心理学講義を読んで①劣等感に対しての目標

2017/07/24   -未分類
 ,

読書後のまとめです ・劣等感 劣等感は取り除くものではなく成功や努力の基礎になるもの 劣等感を補う意味で補償する行為がある。 〇ハンディキャップと対照的な価値観を持つ 〇ハンディキャップの克服 この補 …

自分のポジションが居場所を作る

2017/03/31   -未分類
 

仲間意識というのが共同体感覚 この共同体感覚を作るうえで必要とされているのが、 相手を信頼することや自分は相手に貢献できるという気持ち 最初に自分は相手に貢献できるというところに注目したい 貢献という …

この子だけ仲良しという共同体感覚の固執問題

2017/03/30   -未分類
 

長女は0歳児から一緒のお友達がいる。 とても大好きなM子は、遠いところに引っ越ししてしまった。 小学生になり、遊ぶ友達ができ喜んでもいたがそこからの発展がなかった。 その子と遊ぶ以外は放課後家にいるこ …

怠け、怠惰が隠すもの

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 電車の中で本を読む習慣がある、 帰宅してから読むと眠くて全く読めないことが多く、昼休みに読むことも …

Copyright© 子育ちを見守るもの , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.