Advertisements

未分類

子供への質問 備忘録

更新日:

ノートを整理
依然にメモしたものがたくさん出てきました
ほぼネットからの引用ですが、
前回同様にわかりやすいので、備忘録として記入


○●○●○●○●○●

スポンサーリンク

開放的な応答と閉鎖的な応答
というのもあります

閉鎖的な応答というのは
答えが
「イエス」か「ノー」の二種類限定になる声かけで。

開放的な応答は
答えの選択肢が たくさんあります

閉鎖的応答より 開放的応答を
たくさん使っていただきたいものです。

例えば
おこさんに絵本を読んでいて
「オオカミさんはこわいよね」って
お子さんに語りかけるより

「オオカミさんに会ったらどんな気持ちになるのかな?」
と語りかけることを おすすめします

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});


ただひとつ注意点があって
「なぜそうなの?」
という聴き方をしてしまうと
お子さんによっては
否定責められているように
感じてしまう場合があるので
「なぜ」はさけた方が無難です

お子さんの気持ちを聴く時は
閉鎖的な応答ではなく
開放的な応答を使うことをおすすめします

そして
お子さんの気持ちを聴くというのは
親が知りたい事を聞くのではないのです

お子さんが
話したい事を 話したいだけ・・・なのです
○●○●○●○●○●

アドラー博士の男の子に「自信」をつける育て方/グラフ社

¥1,300Amazon.co.jp

amazon

-未分類
-

Copyright© 子育ちを見守るもの , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.