育児について

園の方針と家庭の方針。

保育園を選ぶときに近いからというのがありますが、それよりももっと大事なことがあります。各家庭に育児の方針があるのなら、その方針と通わせる園の方針が近いか遠いかが家との実質的な距離よりも大事なことになります
育児について

子供がお昼寝しない。午睡が難しい

 
日常

親のそれぞれの価値観

価値観の違いからお互いの視点はかわってくるもの。同じものを見ていても視点の違いで違うものが見えていると勘違いもしてしまうもの
最初に

親と園の誤解

0歳児から入園し、そういった中身を踏まえた両親であれば、ことは進みやすいのですが転園や父または母の片側が納得いかない状態で入園すると 生活リズムの転換にとても苦労します。
育児について

親が子供のできないに対する対応一つで子供が変わる

子供たちが日常様々なものにチャレンジしたり、日常生活の中で色々な壁やちょっとした手間にぶつかります。 このちょっとした手間、乗り越えることはできる壁にぶつかったときに、子供たちはそれぞれの認識で対応をしていくようです。
育児について

子供との関係。信頼されてるから

悪いことをしてどう思う?と聞いてきたのは、その人を信頼しているから聞いてきているようだ。だからこそ、本気で叱ってあげることが大事とのこと。
育児について

子どもの悪さ、親の謝罪。ここから生まれる問題点

子供たちの成長は本当にあっという間 ついこの前に押し目を変えていたと思ったら、 中学生に驚くばかりだ。
日常

親同士の交流

人が集まればいろいろな趣味嗜好がある それを子供のためと言って人の趣味に合わせる必要もない。 だから、やりたくないこともやらなくていい。
最初に

無認可から認可保育園になった。何か変わった?

子供たちが通っていた保育園が無認可保育園から認可保育園に変わりました。では実際に何が変わったのか
育児について

子供の数だけ家庭のカラーはある。家庭の考えは色々あってよい

十人十色 こんな言葉は小学校の時に覚えた記憶があります。 その時は意味は分かっていましたがそれほど気にもしない言葉でしたが、年齢を重ねていくとこの言葉の意味の捉え方深くなっていった気がします。
タイトルとURLをコピーしました