育児

育児について

子供にダメって言ったらだめなのか⁉

子供を育児するときに、昔はダメを言わない様に、否定をしない様にと意識してた。 だから、話すときにどうしても回りくどくなったり、いろいろと例えたりして話は長くなるが、それでも「ダメ」という単語を使うよりはマシと思い懸命に努力した。
育児について

子供たちが楽しむために、より楽しむために

 
育児について

子供の仲間意識は無いとダメ?

 
育児について

子供の充電を意識して接してみる

子供たちが日常で活動するうえで意欲を大事にしていきたい! この意欲を大事にするというのがものすごく重要で深く難しく感じたりもしてる。 この意欲を大事にする、意欲的にするという子供たちのエネルギーは、僕たち親たちの接し方で変化していくことを実感したんです。
育児について

親必見、子供が自分で勉強を始める方法

子供を理解してあげることが自発的な行動の第一歩。ここを理解してあげずに勉強しろでは、誰だって嫌になる。むしろ殻を作り閉籠ってしまいます。そのために親としてしてあげることとは
育児について

子供が人の目が気になっている

どうしても目線を気にしてしまうことがあります。 目線よりも人からどう見られているかというところでしょうか。劣等感や自己否定感が強くなると人の目が気になり、相手が自分に悪意(悪く見ている)を持っているように感じる。とのことらしいです。
育児について

子供の遊びから調和

遊びは知れば知るほど大事なことというのを実感していきます。 子供が最初に遊ぶ相手が親との遊びが多くなっていると思いますが、この親と一方的な遊びに始まり、調和へと移行することが重要なようです。
育児について

遊びから学ぶ子供たち、子供たちには子供たちの世界があるだから子供の遊びルールがある

体の大きい子が一方的に勝つ遊びだったり リーダー的な子が自分の有利な展開で進めたり。 これらを大人がみて一つ一つ正していくと、子供たちが作り上げた世界を壊すことになってしまいます。 子供たちはこの矛盾したルールの中で小さな社会を感じ取り、不自由を感じその中から様々なことを学んでいくからです。
育児について

子供の自立 佐々木正美先生

教えるほうが自立とは限らない、教えてもらっているほうも自立 親を信じることから始まる 親が子供を信じるから子供が親を信じる。
育児について

子供の遊び。遊んでいても親を巻き込むことが多い

 
タイトルとURLをコピーしました