アドラー心理学

育児について

園児の行きたくないを考える。保育士から聞いた ちょっといい話

行きたくないはサインの証、園と家庭の温度差とは何かをもう一度考える時期。ここを見直せば子供はさらに成長を見せてくれる。
育児について

アドラー心理学で子育て。親と子のアドラー心理学②子育てに役立つ本

親子の絆を深め、信頼関係の作り方、そこから子供たちが自己肯定感を育むために必要な事、どういった観点で見つめるのが良いのか。それらの答えはここにある
育児について

お父さんもお母さんも知ってほしい、子供の声を聴くために

 
育児について

学校に行くための準備、共同体感覚を怠るとどうなるのか⁉

 
育児について

子供の遊び。海遊びについて。アドラー心理学から

海に対する様々な思いが子供たちにあります。そこを好きか嫌い二通りだけではなく、もう少し深堀して何故なのか、どうしてなのかをアドラー心理学を通して解説している内容です。非常にわかりやすくて例えが海水浴なので想像しやすいですね
日常

少しでも自分を知るために

どこまで自分を知っているのか 自分を見るには自分の目で見るためにどうしても 自分の価値感で判断をしてしまいます。 だから自分で自分を知るというにはとても難しいと感じところです。 それでも大人も子供も少しでも自分を...
育児について

本の備忘録 個人心理学講義アドラー

共同体感覚が弱いと友人を作らなかったりする、 それゆえ問題行動が目立ったりする。 共同体感覚は学校などに行くための準備。 人を罰や説教で変えることはできない。
育児について

言っても通じないと感じた時に

 
育児について

子育ての学び。個人心理学講義を読んで③劣等コンプレックス2

 
育児について

育児の学び:個人心理学講義を読んで③劣等コンプレックス1

コンプレックスと劣等感を一緒にしてはいけない。劣等感はバネになる、コンプレッスクスは引け目に囚われやすい
タイトルとURLをコピーしました