不審者、声かけ、子供の防犯について考えた

不審者、声かけ、子供の防犯について考えた blog

子供が事件に巻き込まれたニュースを目にすると
嫌なものだ。
腹も立つ

どうにかならん物かと考える
ヽ(`Д´)ノ
調べれば不審者情報ということで
不審者の情報を警察ではマップにマークして
ネットで公開などしている

でもこれは、あくまで事件発覚後
ここが重要
事件発覚後に2件目を防止する上で行われる

では最初の被害者は?となる

警察としては事件にならなければ動けない
これはしょうがないと思う。

我々で納得して決めた法律だ
(選挙に一票投票することで政治には参加してることになる)
選挙に行かないなら文句も言えない
極端ですけどね。

とりあえず、犯罪を未然にってところを重点にしたい。

そこで考えた!
不審者のような人
なんか怪しい人
いやらしい目つきの人
うろついてる人

これらは、何もしていない人たちだ。

つまり、まだ犯罪を犯してないが
怪しい人と思ったら、
警察に言っても相手されない(事件じゃないので)

でも情報を集めて公開するところを作っておけば
未然に防げる物が沢山あると思う

例えば
公園の周りをうろつく男がいるとか
ショッピングモールなどのトイレの周りで
うろついてる人がいるとか
ロリコン風な男がうろついてるとか
隣から変な音がするとか
こういったことは、通報できない、
110番とまではいけない
(うろつくのは自由だし、散歩かもしれない)

あくまで個人的な見解で判断してる

だけど、そういった個人的な見方がとても
重要になることも多い

それならそういった情報を共有できるところに提示し、
みんながいつでも見れるようにしておくと
未然に防げる物は多いはず
なんてことを考えます

みなさんはどう思いますでしょうか

コメント

タイトルとURLをコピーしました