叱ってばかりいると無気力・無関心に アドラー心理学、備忘録

育児

無気力・無関心

 
○●○●○●○●○●
Advertisements

親に「仕返し」をして 


自分の目的を達成しようとした子どもが 
仕返しで目標を達成できなかった場合 

次の目標「無気力・無関心」に進む可能性があります 
しかし 
どのケースも 
「関心をひく」
「主導権あらそい」
「仕返し」
「無気力・無関心」 
という順序をふんで進行していくとは限らず 
場合によっては 
「関心をひく」から一気に「無気力・無関心」に 
進行するケースもあります 

 

子どもの様子が不平・不満ばかり口にしたり 

できない」ばかり口にして 
まったくやる気が見えなかったり 
自分に自信を失っていたり 
子ども自身が絶望している状態です 


「無気力・無関心」状態に陥っている子どもを持つ親は 
親も子どもに対して お手上げ状態で 絶望しています 


「無気力・無関心」状態に陥っている子どもを助けるためには 
親はあらゆる批判をやめ
子どもの長所と能力だけに注目することが必要です 。


そしてどんな小さな進歩しようとする努力も見逃さず 
親がそれに関心を示し注目することが大切です 


どんな時も親がおだやかで善意のこもった態度を 
取り続けることが、子どもとの関係に変化をもたらす 
唯一の道です

○●○●○●○●○●
勇気づけの心理学

勇気づけの心理学

posted with amazlet at 18.07.02
岩井 俊憲
金子書房
売り上げランキング: 470,214

コメント

タイトルとURLをコピーしました