子供への質問の仕方

育児について
この記事は約2分で読めます。

ノートを整理
依然にメモしたものがたくさん出てきました
ほぼネットからの引用ですが、
前回同様にわかりやすいので、備忘録として記入

○●○●○●○●○●

開放的な応答と閉鎖的な応答

というのもあります

閉鎖的な応答というのは
答えが
「イエス」か「ノー」の二種類限定になる声かけで。

開放的な応答は
答えの選択肢が たくさんあります

閉鎖的応答より 開放的応答を
たくさん使っていただきたいものです。

例え 

お子さんに絵本を読んでいて
「オオカミさんはこわいよね」って
お子さんに語りかけるより

「オオカミさんに会ったらどんな気持ちになるのかな?」
と語りかけることを おすすめします

Advertisements

ただひとつ注意点

「なぜそうなの?」
という聴き方をしてしまうとお子さんによっては
否定や責められているように感じてしまう場合があるので
「なぜ」はさけた方が無難です

お子さんの気持ちを聴く時

閉鎖的な応答ではなく
開放的な応答を使うことをおすすめします

そして
お子さんの気持ちを聴くというのは
親が知りたい事を聞くのではないのです

お子さんが
話したい事を 話したいだけ・・・なのです

○●○●○●○●○●

 

amazon












スポンサーリンク
育児について
スポンサーリンク
子育ちを見守るもの

コメント

タイトルとURLをコピーしました