ある事故からわかった、息子の一面。

この記事は約1分で読めます。

12/24
クリスマスイブ


この日はドコにも出かけず子供たちと家で遊んでた
息子と娘はいつものように上機嫌で遊んでる。

20121224101133
等身大の鏡の前で
二人で踊って遊んでるようだ。
20121224101441
僕と妻は各々家事をやり
妻はクリスマスディナーの準備をしていた

すると

二人の泣き声と同時に
息子『おとうさーん!!』と叫ぶ声がする
息子『アミがっ!アミがっ!』
(妹の名前を言っている)


部屋に行って見ると、足を押さえながら
ハイハイで進んで来て息子が叫ぶ
お父さん!アミ!アミ!』

部屋を覗くと
鏡が倒れ娘が床と鏡に体半分挟まってたでも、自力で出てきて泣いていた。

娘の無事を確認

それを見た息子が、
『足痛いぃぃぃ』と擦りむけた足を押さえて泣き出した。
妹の無事を見て安心したようだ。
泣きが大泣きになり、すぐに落ち着いた。

自分の足も痛く、ズリばいしながら
『アミ!アミが!』と妹の救出を叫んだ姿に感動してしまった。

いつも泣きべそだと思っていたが、しっかりとお兄ちゃんをしているんだな

amazon












スポンサーリンク
日常
スポンサーリンク
子育ちを見守るもの

コメント

タイトルとURLをコピーしました