少しでも自分を知るために

少しでも自分を知るために blog

どこまで自分を知っているのか

 

自分を見るには自分の目で見るためにどうしても
自分の価値感で判断をしてしまいます。
だから自分で自分を知るというにはとても難しいと感じところです。

 

 

それでも大人も子供も少しでも自分を知る方法として色々なやり方がありますが、
自分を知る一つの方法として『体験』があるようです。

 





色々な体験を通して自分を知り、他人を知る。
基本的には自分自身を知る事が優先され、

自分を知るために体験する

 

 

この逆として、体験を避けるのは自分を知ることを避けるためなのかと考えてしまいますね。
体験をすることで自分の限界を知ってしまう。

 

自分の能力を知ってしまう。

そうすることで自己評価が下がるかもしれないという恐怖などがあるかもしれませんね。

 

さくらさくらんぼ保育実践保育園

アドラー心理学入門―よりよい人間関係のために (ベスト新書)
岸見 一郎
ベストセラーズ
売り上げランキング: 823

コメント

タイトルとURLをコピーしました