子供が泣くというのはどういうことか⁉年長最後の合宿を終えて

育児について
この記事は約1分で読めます。
Advertisements

2/16
年長最後の合宿を終えて帰ってきた

胃腸炎でしばらく休んでおり
休み明けて合宿に参加となった。

今回の胃腸炎で休みが長かったので
テンションも終始低めで我が家で過ごしていた息子

合宿中も夕方に泣いたり、
寝る前も泣いたりとしていたようだが
朝起きたときにはすっきりとしていたようだ。

子供の泣きを見ると思うことがある

泣くことで一つ成長しているような感覚

泣いている時は自分の課題にぶつかった時で
出来なくて泣いたりなどの甘えの泣きなど

でもその泣きを自分で泣き止み
再び自分の問題に向き合ったときに
腹をくくるのか
泣くことも無くなるようだ。

そんな姿を見ていると
泣くたびに よしよしなんてしていた過去の自分が
余計なことをしていたのだと実感

子供たちは自分で考え自分で答えを見つける

それが間違ってても問題なく
自分で解決したことが重要であり
その結果として自分たちで成長する

そんなことを考えると
このブログのテーマでもある
『見守る』というのは大事だなと思った
20130216155756

amazon












スポンサーリンク
育児について
スポンサーリンク
子育ちを見守るもの

コメント

タイトルとURLをコピーしました