斎藤公子先生の育児お勧め本、子育てに迷った時に読む良い

この記事は約1分で読めます。
Advertisements

斎藤公子先生の本

色々と本を読んでいる中で、
わかりやすく、子育ての根本的な内容の本であり
社会に子供をだすという意味では押さえておきたい本です。

 

そしてこの本を読み、後々気づきとして
優しいと気が弱いのは別物ということを理解した本でもあります。

優しいから気が弱いのではなく、
本当に優しい子は力強くても優しさを見せることが出来ます。

 

気が弱く優しいのは自分と同類としての仲間意識であり
自分が立場的に強くなってくると、その優しさは見せなくなってきます。
なんて感じなことを感じることがありました。

ぜひお勧めします。

created by Rinker
¥2,640(2021/10/26 15:29:15時点 Amazon調べ-詳細)
amazon












スポンサーリンク
日常
スポンサーリンク
子育ちを見守るもの

コメント

タイトルとURLをコピーしました