息子への対応を感謝とほめることを前提に接することで変わったこと

育児について
この記事は約1分で読めます。

過去記事です
2013/11/28

11月24日の試合が終わり

一週間も経っていませんでしたが、
その経過の話

空手の練習を終えて帰りの車の中での話。

息子『お父さん、休みの日はどっか出掛ける?』

僕 『出掛けないと思うよ』

息子『そしたらさぁ、おれ、お父さんとスパーやりたいんだ』

という感じでした。

Advertisements

前向きになる

自分から空手の練習を誘ってくれるようになり、
気持ちが前向きになっている様子。

僕から誘っても面倒くさがったり、
全くやる気を見せていませんでしたが、
前回の試合で3位だったことの影響よりも、

普段の息子への接触の仕方を変えてきたのが
良かったのかなと思っております。

普段の生活

普段の生活から褒めることと感謝することを徹底することで、

息子の中での自信が沸いてきているのかなと考えたりもしてます。

 

今度の試合は12月、僕のほうが結果にこだわらずに
息子を応援できるようにしていかないといけませんね。

 

amazon












スポンサーリンク
育児について
スポンサーリンク
子育ちを見守るもの

コメント

タイトルとURLをコピーしました