子供の成長を通して見えてくるもの。

子育ちを見守るもの

まず最初に

育児ノイローゼで悩んでいるとき、困っているときに読んでほしい。子育てする親たちへの少しでも支援になればうれしい。そんな気持ちで書いてます。育児はみんなでするもの、だから離れていても会ったことなくてもみんなで考えたい。

育児

習い事、息子の決心。

更新日:

色々と悩みもある30代です。
住宅ローン、育児、家庭、様々なことと考え
考え
ずーーと考え


気が付くとぐっすり眠ってます。


ゲラゲラゲラ




我が家の長男、空手を習っています。


空手を習う過程は、お友達の空手を見学に行って
そこで防具に惚れた!
あくまでも防具です!

(手作り防具)

とっかかりは何でもいいのですが、
保育園時代は野球熱があった息子がなぜに空手?と思ってました。


思い返すと
野球を習いたいと言ったときに、
「ちょっとまって、一度体験してからにしよう」といいました。
そこで体験するまでの間に僕たちは野球は日曜も土曜もすべて潰れるねとか
キャンプも行けなくなるのかとか
色々と愚痴ってたのを覚えています。


それはきっと息子の耳にも入ったと思う


その後、空手を見に行き、
夫婦そろって空手はいいなぁ~と絶賛


もうずっと空手についての褒め言葉を並べていたのを覚えています。
結局野球の体験をすることもなく息子は


『空手やりたい!』といいました。

でもその後の野球体験で息子が帰りに目を輝かせて
『やっぱり野球って楽しいね』といったのを僕は忘れることができませんでした。

言い出せないのかな!?

たびたび会話でも野球をやりたいようなことを言ってたので
雪が解けたらいつでも野球できるから、
空手から野球にしてもいいよと伝えていました。
たまに『俺、野球にするわ』とかいったり、
『空手で優勝狙うわ』とか言ったりでした。
本人が本当にやってみたいことを試してほしいなと思いつつ

春が来て息子とキャッチボールをして過ごしたりもしました。

そして、息子があるときにいいました。
『空手は4年生くらいまでやめちゃダメなんだよ、先生が言ってた。』といったので

そんなことはないよ。
やりたいことがあれば、いつでもいいのだよと伝え

先生が言ったのは強くなりたいのに途中でやめたら強くなれないってことだよ
みたいなことを伝え、だからやりたいことがあれば、
いつでも空手を辞めてでもやってごらんと伝えた。
すると

Advertisements

『俺はやめないよ』と息子が言いました。

野球をあきらめたというより、軟式のボールでのキャッチボールがどうも怖いようで
息子の中で空手のほうが面白いと感じているのかもしれません。


なにわともあれ、
息子が自分で選択した道なので、無理にやっている習い事ではないと思うと
ほっとしています。

 







amazon

2020/09/19

子育てに役立つ本。子供のサインを感じ取るために

子供のサインを感じ取るために 子育て関連の本の中でアドラー心理学は本当に面白い。 その本を色々と調べていく中で見つけた一冊。 子供の教育 過小評価されて育つと過小評価されることを恐れ他人がひいきされた ...

2020/09/16

ビジネス、プライベートの効率化、人生のパフォーマンスを上げるアイテム

電話の着信が異常に多い北国です どーもこんにちわ 仕事上なのか、よく着信がきます。     電話をもって話をしているときに腕が痛くなるくらい通話も長いんです。 30分当たり前 &n ...

シャオミのMiスマートバンド5  導入しましたよぉ

2020/09/08

レベルを上げた生活を!シャオミのMiスマートバンド5 導入しましたよぉ

Advertisements スマートなガジェットに目がない 肥えた北国です こんにちわぁぁぁ     ガジェット好きな僕はガジェット好きな子供繋がりのお父さんからあるガジェットを ...

2020/08/31

子育てシェアスペース???

毎日思考中 頭がヒートアップしております。 こんにちわ北国です。 現在、ゲストハウスんの運営管理とFXトレードのテスト売買、ツール検証をしております。 事務所であるゲストハウスのビルには元スナックのと ...

子供に○○は禁止とした場合。他者との違い

2020/08/28

子供に○○は禁止とした場合。他者との違い

規制と自由 世の中には魅力的なものがいっぱいある。 映画やゲーム、動画にアウトドア、料理、お菓子、ケーキ、沢山あって書き入れない。 これらはすべて楽しくおいしく面白いものが多い。 でも全員がやっている ...

-育児
-

Copyright© 子育ちを見守るもの , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.