子供たちが体験を通して知ること

体験を通して知ること 育児
Advertisements

体験

子供たちは人生経験が未熟なことから、触れること見ることで初めて体験することが多いです。
その経験は楽しいこと、嫌なこと、腹立たしいこと、嫉妬などなど様々なことがあります。
 
子供には常に楽しんでほしいし笑っている声や顔を見るのは親としても僕は非常にうれしいですが、常日頃笑ってほしいと思っても日常には様々な体験があり、それは人によって感じ方が変わってきます。
 
子供たちはこういったたくさんの体験を通して、
自分を知り他人を知る。
 
基本は自分自身を知ることが優先され、自分を知るために体験をしていきます。
 
 
この体験には当然嫌なことは一歩踏み出せないことなど様々なことがありますが、
体験を避けるのは自分を知ろうとしないというところもあるのかもしれません。
マンガで分かる心療内科 アドラー心理学編 (ヤングキング・コミックス)
ゆうきゆう・原作 ソウ・作画
少年画報社 (2014-11-25)
売り上げランキング: 9,384

コメント

タイトルとURLをコピーしました