反映的な応答 アドラー心理学 備忘録

育児

今日で最後になりました
引用、備忘録

反映的な応答

○●○●○●○●○●

子どもが何か聞いてきた時
ついつい答えを言いたくなる
聞かれたら
当然のように答えてしまう

でも答えてしまうと
子どもが自分で自分の答えを見つける
チャンスを奪ってしまったり、
自分には解決する力がないんだと
自信を奪ってしまったり、
依存心が強くなってしまったり・・・

子どもは質問のカタチで聞いてきたとしても
必ずしも親の答えを聞きたいとは限らない

 

そんな時には
「反映的な聴き方・応答」を活用して
子どもが自分自身の心の中を整理し
自分の答えが見つかるように
お手伝いすることができる

Advertisements

具体的には

「そのことについてどう感じてるの?」とか
どうだったらいいって感じてる?」とか
それを解決するために何かアイデアある?」とか
どれぐらいまでできそう?」とか

 


子どもが自分の考えていることに
気づくような問いかけ
子どもの様子を見ながら


子ども自身が
自分で自分の答えを見つけるまで
投げかけていく
○●○●○●○●○●

 

 

これはめちゃめちゃ心当たりがある
何にって?
教えたがりの僕なんです。
ヘルナンデス

 

ゲラゲラゲラ

超がつくくらいの教えたがり
口出したがり
猛烈に反省しております
γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ


とうとう漫画版が出た!

マンガでやさしくわかるアドラー心理学
岩井 俊憲
日本能率協会マネジメントセンター
売り上げランキング: 84

コメント

タイトルとURLをコピーしました