子供が成人後 アドラー心理学

育児

アドラー心理学から

○●○●○●○●○●
『B親』の子どもは

親に従順
いつも親の許可を得る、
いつも親の顔色をうかがい、
親がいないと自分で決めることができず
不安になります


また親の言うとおりにしたにも関わらず
上手くいかなかった時は
心の中で激しく親を非難します。
小さな時から口うるさいながら
すべての責任を親が取ってきたので
子どもは自分の人生に
自分で責任を取ることが困難です

 

 

長い年月続いた感情の抑圧により
子どもは
自分が何を感じているのか
どうしたいと思っているのか
もうわからなくなっています


親によっては
子どもが自立していないことに気づいて
あわてる人もいます


このままでは
自分の死後の子どもを思い
不安になる人もいます


○●○●○●○●○●

自分のことを踏まえて色々と考えさせられてしまう。

 

created by Rinker
¥1,188 (2020/11/28 14:53:02時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました