ある朝の兄弟げんか

ある朝の兄弟げんかblog
この記事は約1分で読めます。

 

ある日の朝
前日娘が妻と一緒に湯たんぽを布団にセットした。
翌日の朝はそれを顔洗いに使うことも一緒に約束


朝、目が覚めると息子が湯たんぽに気が付いた。

娘がそれを返せ
息子は『俺が見つけた。おれは使ってないから今使う
なんてやりとり
次第に息子は娘に屁理屈をぶつけて湯たんぽを渡さない。

娘は泣きながら『湯たんぽ返して』と

次男もあまりの大声でのやり取りに目をさます。


僕は寝たふりをしていた。

息子はドンドン意地悪になって枕を投げたり通せんぼしたり
娘は泣きながらも突破して居間に行った

僕は起きても喧嘩には触れずにそのまま食卓に。


食事の時、息子は娘にずいぶんと優しくしていた。
やたらと気を遣ったり優しい声で話しかけたり

夫婦ともども喧嘩のことは一切触れずにいたので

朝は何もなかったかのように食事をはじめていた。
それでも息子はなにかと妹を気にかけていた。

このやり取りを見て気づいたこと
後日記載します。

 

続き

amazon












スポンサーリンク
blog
スポンサーリンク
子育ちを見守るもの

コメント

タイトルとURLをコピーしました