子育て、教育、育児、何を目標にしたらよいのか

育児

あっという間に乳のみ児が大きくなってきますね
もと乳のみ児の北国です
どーーもーー

子育てをするにあたり本屋に行けばたくさんの本が並び
テレビをつければ様々なことが言われています。

何を目標にしたらいいのか わからなくなる
大概は各自の考えでやるのですが、教育という教科がないだけに育児の概念は人それぞれの十人十色
これが色々なところで衝突になったりトラブルになったりもしてる昨今ですが、
ぼくは子育ての基準に一つだけ念頭に置いているものがあります。



それが自立


先に生まれ先に老いていく我々親にとって残るのは子供である以上、社会に対して自分一人でやっていけるように導いていかなければいけません。


20歳か

電車に乗るときは大人料金になる中学生か

通学が一人でやるようになる小学生か

様々な意見がありますが、子供が自立を始める最初の一歩に合わせて考えたいと思ってます。

自立する前は親から栄養をもらい胎内でゆっくりと成長をしていきます。
それが出てきたとたんにヘソの緒を切り、自分で吸うことを始めなければ生きていけません。

そうなんです

Advertisements

ここが自立のスタートなんです。


ここから自立の始まりであると念頭に置かないと、子供自体を幼子としていつまでも扱うことになってしまいます。

乳飲み子から自立なんてありえない( ;∀;)
と言われるところですが、ここが一つの基準で見てもらえると僕のブログはわかりやすいと勝手に思ってます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました