北海道に暴風雪注意報が出てる

blog

きょう16日から18日にかけて、急速に発達する低気圧の影響で、沿岸部を中心に非常に強い風が吹き、全国的に荒れた天気になる見込みだ。北海道では明日以降、雪を伴って猛烈な風が吹く見込みで、札幌管区気象台では、18日にかけて「数年に一度の猛ふぶき」のおそれがあるとして警戒を呼びかけている。

冬将軍を通り越して冬天皇波のものが来るらしい


ひぇぇぇぇぇぇぇ(・:゚д゚:・)

この低気圧は、2013年3月に道東で9人が死亡した暴風雪と同程度になる見込みだ。このため見通しが全くきかない猛ふぶきや吹きだまりによる交通障害、車の運転が困難になることが予想されていて、北海道を中心に厳重な警戒が必要となる。

全国的にも非常に強い風が吹く見込みで、今夜以降は、北日本と北陸を中心に大雪のおそれがある。西日本の太平洋側を含めた広い範囲で雪の積もる所もある見込みで、雪の降り方には注意が必要だ。

あす17日に予想される最大瞬間風速
北海道 50メートル
東北、北陸 40メートル
関東甲信、東海、四国、山陰 35メートル
近畿、九州・奄美 30メートル

あす17日正午までに予想される降雪量(多い所で)
北海道、北陸 80センチ
東北、東海 50センチ
関東甲信の山沿い 40センチ
西日本日本海側 30から40センチ
西日本太平洋側 10から30センチ

コメント

タイトルとURLをコピーしました