天才の作り方

blog

子どもたちと夕食を一緒にしているときに天才の話になった。
そこでこんな本を紹介した

ただまだ読むには難しいので、次男もいないからちょうどよいかなと内容を子どもたちに紹介
興味津々だった。
天才を目指すというそれぞれのセリフがうれしかった。

amazon











スポンサーリンク
blog
北国をフォローする
子育ちを見守るもの

コメント

タイトルとURLをコピーしました