アドラー心理学 個人心理学講義を読んで①劣等感に対しての目標

スポンサーリンク
この記事は約1分で読めます。
Advertisements

アドラー心理学を育児に落とし込みます。

読書後のまとめです

 

・劣等感

劣等感は取り除くものではなく、成功や努力の基礎になるもの
劣等感を補う意味で補償する行為がある。
〇ハンディキャップと対照的な価値観を持つ
〇ハンディキャップの克服
この補償行為は共同体感覚を得る事、社会適応することで補える
劣等感を感じ、そこから脱したい気持ちが優越性の追求

 

この気持ちは共同体感覚が非常に重要であり

優越性の目標が正しい方向へと向く必要がある。

背が低い→
目標を背を高くしようとか、背が低いのをバレないように。

 

目標を変える→
背が低いならそれを使って特技を作るとか、別の部分の長所を伸ばそうなど

アドラー心理学 個人心理学講義を読んで①劣等感に対しての目標

再びアドラー心理学をお勉強した。育児の勉強

親と子のアドラー心理学を読んだ 

子供の意欲について考える。アドラー心理学の勇気づけとの共通点

小学生の親 アドラー心理学の例 とてもわかりやすかったからご紹介

amazon












スポンサーリンク
育児について
スポンサーリンク
子育ちを見守るもの

コメント

タイトルとURLをコピーしました