育児の学び:個人心理学講義を読んで②ライフスタイル

個人心理学講義を読んで②ライフスタイル 育児
Advertisements

育児の学びとしてアドラー心理学を学ぶ、子育てにどういかしていくか

 

 

私たちは日常当然のように生活し暮らしています。

その生活が子供たちに与える影響は想像以上に大きいようです。

ライフスタイル
ライフスタイルの形成時期は就学前が大きい
甘やかされて育つと弱さを強調し相手を支配しようとしたり、

親のせいにする
親のせいにする・・・学校生活でコンプレックスを感じる。

本当の自分の能力を教えてもらえなかった自分が出来ないと知らされなかったなどと感じる。
性の発達が遅かったり臆病になる。

 

甘やかされていることから

自分の身の回りはやってもらえるような感覚となり

人生に関心を持てない、

課題に取り組む準備ができていないことになる。

 

ライフスタイルを変えるには・・・ 強制することも必要だが、強制は助言する人との関係が大事、利害関係がない人からの助言は有効。

アドラー心理学 個人心理学講義を読んで①劣等感に対しての目標

再びアドラー心理学をお勉強した。育児の勉強

親と子のアドラー心理学を読んだ 

子供の意欲について考える。アドラー心理学の勇気づけとの共通点

小学生の親 アドラー心理学の例 とてもわかりやすかったからご紹介

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました