子供のじゃれつき遊び

子供のじゃれつき遊び 育児

先日、我が家の駐車場で

ちょっとしたBBQを数家族と実施。

 

その際に子供同士で遊んでいるところから、

暇になり親元にきて暇つぶしををしている様子があった。

親のところに来るのが悪いわけではない。

ただそこにいても結局は暇を持て余している様子。

楽しめることが見つからずに

何か楽しませてもらおうと

大人のところに来るのだが

結局何も見つからずにダラダラとすごす。

 

たまたまのタイミングから部屋に子供を集めて

鬼ごっこ的な遊びをする機会があった。

キャッキャ キャッキャと逃げ回り、

笑い転げまわり汗だくになって遊んだ子供たち。



その後、この遊びが終わったので、

再び大人のところに来るのかと思ったら、

子供だけで遊んでた。

 

暇になったから来るかと思っていたのだが、

子供同士で遊んでた。

3歳から4歳の子供たち

 

 

僕の中で気づきがあった
子供たちはたっぷり遊んだら満足し、

次の遊びは自分たちで行うようになってたことだ。

 

 

たっぷりと遊び心が解放されることで、

自分たちで歩みだす様子を見ることが出来た。

 

遊ぶことの本当の意味、

心の解放が大事だと肌で感じた瞬間だった。

 

子供の遊びから調和

子供の遊び。海遊びについて

子供の一人遊び

子供のじゃれつき遊び

子供の『遊びきる』を考える

子供の遊びと意欲と大人の関わりについて

子供が遊んでいても、親を呼ぶことが多い

子供が友達と一緒に遊ぶには

コメント

タイトルとURLをコピーしました