子供に稼ぐ力を!お金の真実を知り使い方を身に着ける

スポンサーリンク
lifehack
この記事は約4分で読めます。

僕は金融関係の仕事をしてきました。
投資の口座を開設してもらう仕事です。

だからと言ってお金持ちではありません。
あくまでも、お金持ちの人たちを顧客として対応してきました。

日本人はマネーリテラシーが弱いとか、子供への教育にお金の話が出てこないなど実は様々なことを言われています。
実際にお金の話は自分の親から聞いたことがありません。

お金の話は自分がお金持ちじゃないからしても説得力がないし、なんて考えてしまう控えめな日本人の特徴かもしれませんね。

お金持ちになるという話よりもお金に関する知識、お金の正しい意味を子供たちに伝えるのは非常に大事に感じます。

そこで金融で働いていた僕がおすすめする一冊の本
それが村上世彰さんの著書

「今君に伝えたいお金の話」です

非常にわかりやすく優しく書いてあります。

以前ニュースで取り上げられていた時のインタビューとは全く違った印象を感じました。
教育者的な観点で書かれています。

将来子供たちに対してお金を借りることに対しての話や、お金が汚いものではなく、お金の本当の意味を伝えるために必要な話です。

そして将来という希望に対して子供たちが方向を持つためのやり方、どうやって目指せばいいのか⁉ここのところが本当にわかりやすくに子供たちにすぐに伝えたいところでした。

それでは内容を簡潔に

Advertisements

お金とは

お金は寂しがり屋であり凶器にもなる。
借りたら返さないといけない、返すことを思い続けるのは苦しい。だから人からお金を借りてはいけない。
・自分のために使う、
・社会のために使う。
・お金は道具、
・お金は血液(社会にとって)
自立していくためにはお金は絶対に必要である。
やりたいことをやるには余分なお金があったほうがいい、困ったときにお金は君を助けてくれる。
君がお金を持っていれば人を助けることができる。
そしてなぜお金を稼ぐ必要があるのか⁉
何にお金を使うべきなのか⁉
本当の意味で僕自身でも納得する内容でした。

お金と仲良くなる方法

お金に支配されないために必要なこと。

物の本質、値段で判断しない。
自分なりの物差しを持つ
→幸せ、価値の見極めが大事。
価格の差の理由を自分なりに考える。
値段が本当に自分を幸せにしてくれるか⁉
値段の価値は人によって違う
お金の入り口とはお金を稼ぐこと。
とことん取り組むから好きになることがある
お金が稼げなくても覚悟があるなら夢を追うのは良い
仕事を通してミッションが見つけれるかどうか
学校の勉強をしっかりやるべき理由は、どんな方向に将来進むにせよそれが土台となってくれる

ミッションを見つけるにはビジョンが必要

ビジョンとはミッションの先にあるゴールのようなもの
そこにたどり着くために自分がやるべきこと、
自分にしかできないことがミッション。

ミッションとビジョンは必ずセット。
世界で社会をこんなふうにしたいと言うビジョンがあって、それのために自分ができることがミッション仕事はミッションを達成するための手段

期待値

例)
100円で買った株が3倍になる可能性が10%、
0.5倍になる可能性が90%、
期待値は3 × 10% +0.5 × 90% = 0.75
,
100円で買った株が10倍になる可能性が10%、
0.5倍になる可能性が90%、
10 × 10% +0.5 × 90% = 1.45
君が幸せと思えることにお金を使うなら期待値は気にしない
お金を上手に使いたい増やしたいと考えるなら期待値は役に立つ
基本は稼いで貯めて回して増やす
お金を借りると言うことは何があっても返さないといけないということ
お金という道具はみんなの力を集めて世の中のためになるように生かした時に、とてつもなく大きな力を発揮し輝く
☆☆☆☆☆
以上が内容を簡潔にしたところです。
お金という分野は僕自身子供たちへどう話せばいいのか⁉
自分が大金持ちでもないのに話していいのだろうかという勘違いを僕もしていました。
お金の儲け方は時代によって手段がかわるかもしれません。
しかし、お金に対する向き合い方はいつの時代も一緒であると同時にお金を多く持っているとか少ないとかではなく使い方の本質を伝えることが重要なんだと気づかされました。
amazon












スポンサーリンク
lifehack
スポンサーリンク
子育ちを見守るもの

コメント

タイトルとURLをコピーしました