育児を考える:赤ちゃんの咀嚼(そしゃく) 噛むことの偉大さ

咀嚼(そしゃく) 噛むことの偉大さ 育児
Advertisements

育児の咀嚼(そしゃく)とは、

摂取した食物を歯で咬み、粉砕すること。
これにより消化を助け、栄養をとることができる。
噛むなどとも表現される

 

妻がマイミクさんの日記で色々と情報を得てきた。
噛むことの大事さ

 

顎を使うことで脳に刺激を与えるのはもちろんだが、それ以外にも色々と効果があるようだ。

子供の食べ物にはよくソシャクを意識しないといけないとか言われる。
今まで気にしたことは無かったが、育児の学びとして保育園ではうるさく言ってくる。

育児としてあごを使った食事をしないと子供の場合に顎の発達が遅れる。


そうなると乳歯が抜けてきて、次に生えてくる大人の歯は抜けた歯よりも大きいためにアゴが発達していないと歯並びに影響が出る。

つまり大きい歯が生えるだけのスペースができないということらしい。

 

歯並びくらいと思ってしまうが、海外では昔から歯並びは子供のうちからしっかりと矯正しているようだが、日本についてはちょっと疎いようだ。




歯並びが悪いとむし歯」や「歯周病、「発音がしづらい」、腰痛・頭痛・肩こり」と意外に影響が多い。

毎食に硬いもの、ゴボウなどを入れるのは難しいが、スルメなどをおやつとして一品入れて提供するのはとても良いらしい。

自分の歯並びも悪いからなのか、腰痛持ちです。
今更スルメ食べても遅いかなぁ


スルメ食べると飲みたくなるね。

 

咀嚼(そしゃく) 噛むことの偉大さ
ロッテ
売り上げランキング: 55,647

自己管理能力 乳児

語りかけを簡単にするには褒めることが一番。乳児にも褒めることで効果を確認

乳児の威力

乳児が夢中になるおもちゃ

乳児 超お勧め絵本

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました