溶連菌(ようれんきん)ホメオパシー

スポンサーリンク
この記事は約1分で読めます。

保育園で溶連菌(ようれんきん)とかいう風邪が流行ってるようだ
そして、見事に息子も感染
予想以上にしんどそう
食欲の減退
高熱

妻がホメオパシーを与えて、病院の薬を使わずに体力の回復を見せた
とりあえずホッとした。
なんかすげーなホメオ

すると今度は自分に移った。(T▽T;)
久々の風邪。
正直風邪くらいと舐めてかかってた。

もうね、なんていうか、

すんごい しんどいよ
Y(>_<、)Y
ピークを迎える夜になるともう半泣きを超えて、全泣きでしんどい
こんなにつらいなんて・・・

余裕すらなく、子供たちの相手もできない。

色々と子供たちも心配して近寄ってくれたりするが、対応する余裕すらない。
いたずらの注意をする気にもなれず、その日はグッタリ

結局、翌日に回復をしたが体調を崩したことで、なんか弱い自分を見ることが出来た。
そこで感じたことが、弱い自分ってすんごい余裕がない
あんなにも子供たちに冷たくなれるんだと驚いた
なんか自分の器を実感しちゃったよ

自分の器の大きさにとってもガックシ

_| ̄|○

 

amazon












スポンサーリンク
日常
スポンサーリンク
子育ちを見守るもの

コメント

タイトルとURLをコピーしました