苦手なお友達がいる娘。親の対処はどうすべきか

日常
この記事は約2分で読めます。

子どものやることは子供の課題。
だから親は待つことが大事

 

我が家の子供たちの保育園は夏の間は園舎が海の家になるので毎日海の家に通ってます。

今までは園舎で年齢の大きいこと小さい子が部屋で分けれらてましたが
海の家は分けるほど大きいわけでもないので、
上から下までみんな一緒です。

我が家の娘は、
年上のお兄ちゃんの中に苦手な子がいますσ(^_^;)
その子が近くにいると、怖がったり泣き出したりとするくらい


今までは園舎が離れていたので、

たいした気にもしなかったのですが
今回、海の家となると・・・
(夏は海の家を園舎にして夏の間は保育が行われます)

しばらくの間は同じフロアで過ごす事になります。

するとやはり、ちょっぴり登園拒否ぎみに・・・(^▽^;)

色々と娘に口で説明したり、
大丈夫だよと伝えたりとしたのですが・・・

なかなか克服が出来ないようです。

そこで息子の時も同じようなことがあり、息子の時は
口で色々と説明したり、励ましたりとしたのですが
結果に結びつかないσ(^_^;)

Advertisements

保育士に相談してみた。(長男の時)

息子の問題だから息子が自分で解決できるように待ちましょう。

できるだけ、その問題に対してだけじゃなくても、
色々なところで自信をつけるように接してあげましょう!と言われ続けたました。

息子のときはそれから見守り続け
結果は苦手なお友だちと大喧嘩になり、
そこから自分を表現できるようになり、
今では普通に遊ぶ仲。
子供が喧嘩しても、すぐに忘れて一緒に遊びだせるのって本当にうらやましい)

娘もどうにかしてあげたいと、
色々と口で伝えたりしてましたが、
結局のところは娘の課題

やはり、親が口出すところではなく、
娘本人がクリアしないといけない課題。

そのために普段の生活からできるだけ、
自信をつけてあげないといけないことを再び思い出しました。

楽しみにしていた海の生活をもっと楽しめるように!今年は間に合わないかもしれないが、ここは本人の力を信じて、長いこの先のことを考えて、じっくり取り組んでいこうと考えました。

※後に娘が苦手なお友達を克服しました。
その時のお話がこちら

今の保育園は、この斉藤公子さんが立ち上げたさくらさくらんぼ保育を実践している保育園
 
 

created by Rinker
築地書館
¥1,650(2021/09/26 10:33:43時点 Amazon調べ-詳細)

amazon












スポンサーリンク
日常
スポンサーリンク
子育ちを見守るもの

コメント

タイトルとURLをコピーしました