語りかけ育児の効果

育児

2007年 妻が長男出産


初めての出来事
僕は有頂天になったγ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ

勉強家の妻は色々と知識があり、育児知識も備えてた
そんな中で勧めてくれたものが
佐々木正美先生の本
語りかけ育児の本
アドラー心理学

などなど

最初は語りかけ育児の本

我が家にテレビを排除するきっかけになった本。
これはとても勉強になった。
 

内容を簡単に言うと、一日最低30分は子供と静かな部屋
(テレビも音楽も無い、外の騒音も無い)ところでお話しするというもの。
子供が0歳の時は、一方的な語りかけになるが、それでも問題ないようだ。


これを実践した。

 


言葉を話せるようになったら

もしかしたら、
前世とか話すのでは・・・なんてへんなことを考えて

勝手に子供をスピリチュアルにして妄想してた。

 

 

結果的にそんな話は出てこなかった。

でも、この語りかけの本を実践することで、息子のお話は格段に早くなり、
会話のコミュニケーションで困ったことが無いほどお話が上手になった。

 

保育士からこの年齢ですでに、会話に問題ないですね。
なんて褒められて、

鼻の下がビヨーーーーーンと伸びたのを記憶している。
この本は本当にお勧めの一冊である

さくらさくらんぼ実践保育園集

 

 

amazon











スポンサーリンク
育児
北国をフォローする
子育ちを見守るもの

コメント

タイトルとURLをコピーしました