一人の子供育てるのに、100人の村人がいるbyインディアン

スポンサーリンク
この記事は約1分で読めます。

俺って最強、俺って超メチャスゲー

強がってますが、

ビビリの北国です。

こんにちわ。

独身時代は一人で何でもできると思ってました。
仕事がうまくいったときは驚くくらいの天狗っ鼻でした。

もうピノキオもビックリするくらいの鼻高々

そして、子供が生まれ、触れる世界が変わり

自分の弱さを痛感した。

それでも、がんばらねば
俺がやらねば、
ふんばらねばと色々と目が血走ってたことがあります
そんなときに、出会った言葉です。
「子供一人育てるのに100人の村人がいる」
どこで見たのか聞いたのか、
忘れてしまいましたが、とても印象に残ってます。

そして、この言葉でなんかふと力が抜け
血走っていた目にも力が抜けたことを今でも記憶してます。

一人でできると意地を貼るより、頭を下げてでも手を取り合ったほうが
子供のためにもなり、自分のためにもなることを思い知りました。

忘れないように備忘録として

amazon












スポンサーリンク
日常
スポンサーリンク
子育ちを見守るもの

コメント

タイトルとURLをコピーしました