革命のファンファーレを読んで

革命のファンファーレを読んで lifehack

久しぶりに読み返しました

Advertisements

西野亮廣 革命のファンファーレ

昔の本ですが読み返しても新鮮な感じがしています

備忘録として

 

ダイレクト課金してくれるファンを作る

アーティストとクラウドファンディングの相性は良い

信用を得るために嘘をつかない、不味い料理を美味いと言わない

アンチは手放さない

価値あるものを無料で提供するからお金が生まれる

現代人にモノを売るなら現代時の行動を読まなければいけない

人が時間やお金を割いてその場に足を運ぶ動機は確認作業、ネタバレしているものにしか反応していない

お土産は生活の必需品

お土産は体験の出口にある

スマホでカバー出来ない娯楽は「体験」

作品を売るのではなく体験のお土産として絵本を売った

本一冊(1500円)を客が持ってないわけではない、キッカがあれば買う

プレゼントを買う理由は相手を喜ばす、そして自分のポイントを上げる→本を買うのが自分のポイントと感じれるか

後悔の可能性を取り除くことでゴミでも売れる→ただの箱に100万円の値札をつけ大特価100円にすると売れる、これは箱を買うのではなくネタを買う(周りから突っ込まれ盛り上がる)

考えて答えが出るわけではない、、答えは行動から出る、、需要を事前に知れる時代に知る努力をしないのはダメ→クラウドファンディングで1万冊売れるから一万冊刷る、事前に予約になるから数が分かってから刷る、だから在庫が余らない

流通に乗せなければコストは安い

行動する事に勇気は必要ない

知らないから動けない、知ってしまえば何のことはない、だから情報を自然と集まるようにしておくことが大事

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました